ダイエット・コラム

リバウンドを乗り越えるための6つの知識とは?

リバウンドを乗り越えてダイエットを続けるための6つの知識

こんにちは~
訪問ありがとうございます

この記事を訪れていただいたということは
「リバウンドで苦しんでいる」
「リバウンドが怖い」
「リバウンドを経験した」
そんな感じでしょうか?

ダイエット成功の大敵ホメオスタシスとは?

人間の身体には
ホメオスタシス」というメカニズムが備えられています

飢餓になっても摂取したエネルギーに合うようにして
生命を守ろうとする機能です

ダエイットをして体重が急激に減ると
このホメオスタシスが機能して
最低限度のエナジーで体調を保とうとします

ホメオスタシスは生きていくために必要な重要な機構なので
体重を落とせば必ずやってきます

ダイエットを始めてしばらくするとこのホメオスタシスが働くことで
体重が落ちないという停滞期を迎えることになります

かなりの方がここで挫折してしまいます

頑張っても成果が出なくなって
精神的に続ける意欲を失っていくからなんですね~

このように
短い期間での急激なダイエットは
結果としてリバウンドの原因になりますから
ある程度の期間をかけて
身体に優しくダイエットしていくことが大切です

適切な減量値とは

そのためには
1ヶ月で5%以内のダイエットに収めれば良いとされています

体重が
・65kgなら-3.25kg
・60kgなら-3kg
・55kgなら2.75kg

こんな感じでダイエット目標をたてるとベストなんですね

筋肉量の低下で新陳代謝が落ちる

そうなると体重が減らなくなります

新陳代謝は筋肉量に影響されるからなんです

食事制限ダエイットでタンパク質が不足すると
筋肉量はあっという間に落ちてしまいます

このサイトのわたしのストーリーでもご紹介していますが、
ただやみくもに食事制限して短期間に体重を落とすようなダイエット法では
いつかは停滞期が訪れて
それが原因で挫折してしまいます

ある程度の運動を組み入れることで
この停滞期を乗り切ってリバウンドを避けることができます

それは、
運動をすることで
食事をある程度制限していたとしても筋肉量が維持され
基礎代謝量を落とすことなく続けられるからなんですね

難しいことは要りませんよ!

このサイトで何度も紹介でしている「アレ」でもう十分です!

特に、大腿筋など大きな筋肉を動かせば
効果的に筋肉を維持することができます

そこでおススメは
家の中での踏み台昇降「スローステップ運動」なんですよね!

 

http://www.xn--eckalq1hua9ak9609eoj6a.xyz/%e7%97%a9%e3%81%9b%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e6%8a%9c%e7%be%a4%e3%81%a7%e6%a5%bd%e3%81%aa%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e6%95%99%e3%81%88%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81/

 

糖質ダイエットには注意が必要

特に注意したいのは
今流行りの糖ダイエットです

糖質ダイエットが原因でたんぱく質不足になると
糖を作り出してエネルギーにしようとして
筋肉自体が分解されるので筋肉量の減少に拍車がかかります

このように、
ダイエットは、筋肉量が落ちないように配慮して行うことが大切になるんです

活論としては、
ダイエットを成功させるには、
極端な食事制限や糖質ダイエットをせずに
タンパク質をしっかりと摂取して
適度な運動を行うことで筋肉を維持することが大切だということになります

レプチンの分泌が低下して食欲が増す!

レプチンは「満腹ホルモン」とも呼ばれ
脳の満腹中枢に働いて満腹感を作り出す物質です。

急激な食事制限ダイエットでカロリーをいっきに減る状態が続くと
満腹中枢へ働いて満腹感を鈍らせることでもっと食べたいという状態を作り出します

この結果、
「わかっているけど食べてしまう、、、」
そんな状態になってしまいます

こなると
「あっつ、リバウンドだあ」と感じて
ダイエットが苦しくなってとん挫してしまう方も出てきます

食事制限ダイエットを実行しても
短期間で無理な良く地制限ダイエットをした反動で
逆に食欲旺盛になってしまうんですね~ 悲しいいいっ

これも
リバウンドの大きな原因の一つになっています

継続的にダイエットしようとすれば
このあたりの計画性が大切になるわけですね

それで、
最近では満腹中枢に働く成分を配合したダイエット・サプリメントが注目され人気を呼んでいるんですね

 

http://www.xn--eckalq1hua9ak9609eoj6a.xyz/%e3%83%81%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%ab%e3%81%ae%e9%a3%b2%e3%81%bf%e6%96%b9%e3%80%81%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%80%81%e6%9c%80%e5%ae%89%e5%80%a4%e3%81%af%ef%bc%9f/

 

ストレスからの食べ過ぎ

ストレスを感じると
幸福感を与える物質であるセロトニンが減ってしまい
満腹感を味わえなくなったり
グレリンという食欲増進ホルモンが増えてしまうことになります

さらには、
・睡眠不足になる
・自律神経が乱れる
といった二次的な症状が出ることで

新陳代謝が低下して
体重が落ちにくい身体になっていくということもあります

ですから
ダイエット中は
ストレスを感じないようにして
セロトニンを維持することがリバウンド対策に必要となってきます

有効で実効し易い対策として、
朝食 > ランチ > 夕食
という風に量を減らしていくという方法があります

ダイエットが続くと
頭の中では「夢のような素敵な自分」を描いているつもりでも
本当は「苦しい、ツライ」といった感情が押し殺されているため
これがストレスの原因になって
その反動でリバウンドをしてしまう人も多いようです

ダイエットサプリメントの付録として
「ダイエットカレンダー」など
気持ちを前向きに保つためのものが多いのもこのためでしょうか

これらの情報をしっかりとアタマに入れて

・適切な目標値
・ちょっとした運動
・ストレスを感じない工夫

そして
それぞれに有効なダイエット・サプリメントを使うなどして
乗り越えて行きましょう!